◎ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--年--月--日 --時--分】 | スポンサー広告 | top↑



◎ サンバDEスマスマ
…宮沢さん…1年見んうちに異様なほど老けましたな…(T_T)
いや、去年見たのはホールの遠く離れた席からやから、動いてるのをここまで間近で
見たのはMステの『手紙』以来かな。
年月というのは残酷ですなぁ。(自分の事も含め)
今夜の『スマスマ』に出演した宮沢和史(THE BOOM)さん、すっかりおっちゃんやーん。
以前の、ビームでも出そうな目力威力なくなったし、寝癖みたいなんつけてるし、歌って
る顔、やっぱり凶暴なシーサーみたいで怖くて夢に出そうやし(途中で目ぇつぶった)…。

声は相変わらずめっちゃいいし、歌もさすがに上手いけどさ~。

やっぱ大好きやけどさ~♥

で、『僕の太陽』初めて聞きましたが、この曲の間奏、他のファンの方々も仰ってたけど、
『風になりたい』そのまんまですねぇ。
なんか、宮沢音楽の上澄みだけをすくったようなクセのない曲やな。
宮沢色出しすぎたら、SMAPのアルバムに入れてもらえんか。

わたくし中居君のファンではありますが、彼に自分の好きなアーティストの歌を歌われる
のは、なんか…複雑な心境ですわ…。

「海よ宇宙よ神よ命よ~」のトコだけは、絶対宮沢さんに歌って欲しかったぞー!


あ、そうそう。 こないだ深夜にTVで『笑激!!よしもとライブ』ての見てたら、EDでなんか聞き
覚えのある曲が。 よく聞くとBOOMの名曲『星のラブレター』やないですか!
これから毎週見なくちゃ。
スポンサーサイト
【2005年09月26日 23時44分】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑



◎ 宮沢事変・楽しみ+2
遅ればせながら、今日知りました。
今秋放映されるドラマ『大奥』の主題歌を、椎名林檎嬢率いる『東京事変』が歌うそうで。
びっくりしましたよ。 なんか意外。 いや、ソロん時は、曲がCMに使われたりしたけど。
なんとなく意外。 でも、女のドロドロドラマやから合うでしょな。
曲のタイトルは『修羅場』とか。 うわ、ますます合うやん。
楽しみが1つ増えましたわい(*´∀`) .。.:*・゜゚・*

楽しみっつーと、もひとつ。
THE BOOMが12月にZeppでライブするそうですな。 Zeppに来てくれるのね(*´∀`)
岡村ちゃんがアンナ事になって、しばらくZeppにも行く機会ないやろなぁと思ってたけど…。
ああ~、行きたい! でも、Zeppやからチケット取れるかどうか。
おまけに、希望は2F指定席。 もっと難しいぞ。 取れるかどうか…orz
1Fスタンディングもええねんけど、ステージがちゃんと見れんしなぁ。
宮沢さんの姿自体見れるかどうか。
Zeppは狭いから、2Fでも充分近くで見れるもんね。 時間もゆっくり行けるし。
2daysぐらいやってくれたらええのに。

一応、1Fをプレリザーブで申し込んどいた方がええか。
ファンクラブ入ってないから、2Fは可能性低過ぎやしなぁ。 うーん(ーー;)

今からファンクラブ入ったら間に合うかな(;・∀・)


お。 そーいや、いよいよ次週ですな。
宮沢さん『スマスマ』出演。
予告で、SMAPに囲まれて『島唄』熱唱してたね。 楽しみ!
【2005年09月20日 02時06分】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑



◎ 海を渡る『島唄』

「島唄」iチューンズが世界20か国で同時配信

米アップルコンピュータは6日、同社のインターネット音楽配信サービス「iチューンズ・ミュージックストア」で、ロックバンド「THE BOOM」のボーカル宮沢和史さんの楽曲を、日本を含む世界20か国で配信すると発表した。楽曲は「SHIMA―UTA(島唄)」などで、同社が、日本人音楽家の曲をこれだけ多くの国で同時に配信するのは初めて。開始は7日から8日にかけてを予定している。対象国は米国や英国、フランス、イタリアなど。「SHIMA―UTA」は、ヒット曲の「島唄」を宮沢さんがソロで歌い直したCD未収録バージョン。配信される曲数は5曲で、日本向けと海外向けの2種類ある。
                          (読売新聞) - 9月6日20時40分更新

iチューンズで「島唄」など宮沢さんの5曲を世界配信へ

人気ミュージシャン、宮沢和史さんが日本時間の7日から、ヒット曲「島唄」など自作5曲を改めて録音し直した「国際版」を、米アップルコンピュータの音楽配信サービス「iチューンズ・ミュージックストア」(ITMS)を通じ日米欧など世界20カ国で一斉に配信する。日本の曲が世界同時発売されるのは珍しい。デジタルファイル化さえ済ませればほとんど追加コストなしで販売地域を広げられるネット配信の特長を生かし、作品を世界に発信する新しい試みといえる。
元々のCD版の発売元ではなく、デジタル配信専門のレコード会社としてアップルとこのほど音源供給契約を結んだグローバル・プラス(東京・渋谷)を供給元とする。同社は原盤音源をサーバーに蓄積しネット配信業者に供給するとともに権利処理を代行、ネット配信向けの販促・広報も手掛ける。

                         [2005年9月6日/日本経済新聞 朝刊]

もっと詳しい記事はコチラ↓
「Shima-Uta」風に乗る――iTMS-J含む世界20カ国で同時配信


遅ればせながら…この記事。 嬉しいじゃあーりませんか。
自分の好きなアーティストの曲が世界へと広がって行くのは。
が、嬉しい反面、複雑な心境です。
宮沢さんの曲が世界各国で流れるのはファンとしては嬉しいけど、これでまた、
宮沢(THE BOOM)=『島唄』というイメージが更に強くなってしまうのはちと悲しい。

以下、あくまで私個人の戯言でございます。
◎ 続き ◎
【2005年09月11日 19時39分】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑



◎ 旅する音楽
『旅する音楽』
THE BOOMの宮沢和史さんが、朝日新聞に寄せてるコラムでございます。
8/22(月)の朝刊に掲載されてました。
正式タイトルは『宮沢和史の旅する音楽-その1-』だそうで。
「その1」ってことは連載か!?と嬉しくなりましたが、翌日23日(火)と今日の朝日新聞は
入手できず、毎日載るんか、毎週月曜日だけなんか、隔週なんか、月イチなんかわかり
まへん。
んで、第一回目は、THE BOOMを世に知らしめた『島唄』について書かれておりました。

以下、『宮沢和史の旅する音楽-その1-』の全文をご紹介。

 『島唄』は、本当はたった一人のおばあさんに聴いてもらいたくて作った歌だ。
 91年冬、沖縄音楽にのめり込んでいたぼくは、沖縄の「ひめゆり平和祈念資料館」を初めて訪れた。 そこで「ひめゆり学徒隊」の生き残りのおばあさんに出会い、本土決戦を引き延ばすための「捨て石」とされた激しい沖縄地上戦で大勢の住民が犠牲になったことを知った。
 捕虜になることを恐れた肉親同士が互いに殺し合う。
極限状況の話を聞くうちにぼくは、そんな事実も知らずに生きてきた無知な自分に怒りさえ覚えた。
 資料館は自分があたかもガマ(自然洞窟)の中にいるような造りになっている。
このような場所で集団自決した人々のことを思うと涙が止まらなかった。
 だが、その資料館から一歩外に出ると、ウージ(さとうきび)が静かに風に揺れている。 この対比を曲にしておばあさんに聴いてもらいたいと思った。
 歌詞の中に、ガマの中で自決した2人を歌った部分がある。
「ウージの森で あなたと出会い ウージの下で 千代にさよなら」という下りだ。
『島唄』はレとラがない沖縄音階で作ったが、この部分は本土で使われている音階に戻した。 2人は本土の犠牲になったのだから。

◎ 続き ◎
【2005年08月25日 01時21分】 | 音楽 | トラックバック(1) | コメント(0) | top↑



◎ ガセネタであって欲しかったよ
二日酔いと暑さで、ダラダラしまくりの休日。
ネットの海を彷徨っておりました。

そしたら、
某巨大掲示板にショッキングなスクープがーーッ!!

「岡村靖幸 覚醒剤で逮捕」!?


……え…………(゚ロ゚)…………っ………?

なにしとんねやー! 岡村ー!!ヽ(`Д´゚#)ノ・゚・。

…ソースは、東スポ(東京・中京・大阪スポーツ)とサイゾーだそうですわ。
(見出しに容疑が掲載されてたのは東スポ。サイゾーは「逮捕」のみ)
ソースがソースやからガセって可能性も捨てきれないらしい。

が、微妙にショックや。
某巨大掲示板の岡村スレでは、ちょっと前からこの話題は出とりました。
岡村ちゃんがいきなり活動停止&公式サイト即行閉鎖の理由を
スレであれこれ憶測中、

40 名前: NO MUSIC NO NAME 投稿日: 2005/07/11(月) 14:34:22
だから覚醒剤やってて捕まったつーの。
そろそろ情報が漏れてきてるからそのうちわかるよ。

41 名前: NO MUSIC NO NAME [sage] 投稿日: 2005/07/11(月) 16:45:05
報道あるかな?

47 名前: NO MUSIC NO NAME 投稿日: 2005/07/11(月) 20:54:27
>>41
あります。もうすぐあります。

どこまでホンマかわからん世界やからまるまる信じてなかったし、まぁ、仮に
ホンマやったとしても、岡村ちゃんなら意外ではないわな、てな感じでした。
そやから、今回のスクープ知っても、びっくりはしたけどショックはそれほど
大きくはなかったです。

…でも、ショックはショックやわね(´・ω・`)
ファン(復帰後からやけど)やもんね。
今年のZEPPライブも楽しみにしてたのにね。

ガセネタであって欲しいぞ! 岡村ちゃん!!

て、言うてたら某巨大掲示板に東スポの記事がキマシタよ。
◎ 続き ◎
【2005年07月16日 20時07分】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) | top↑



| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。